曼殊院門跡の歴史・概要 曼殊院門跡の境内案内 曼殊院門跡の庭園案内 曼殊院門跡の所蔵宝物 曼殊院門跡の行事案内 曼殊院門跡の交通案内
曼殊院門跡
ホーム>所蔵宝物>元三大師木造
曼殊院の所蔵宝物
元三大師木像
元三大師木像
重要文化財 元三大師木像


通常元三大師という名で知られている。ほんとうの名は慈恵大師良源という名僧の木像である。正月三日に逝ったというので元三大師と呼ばれている。比叡山の中興の祖といわれ、博学の人であり、比叡山延暦寺の堂宇ほとんど造営したのが元三大師である。この大師像は文永5年(1268)の作であり、重文であるが、各地にもこの大師像がよく安置されているが、どの像も目がぎょろりとして、筋骨たくましく、その衣紋の波も強弱がはっきりしていて、鎌倉時代の代表的なものとみられる。大師は我が国におけるおみくじの元祖としても知られている。


ホーム歴史・概要境内案内庭園案内所蔵宝物行事案内交通案内
Only Japanese version is avaiable.
Copyright ( c ) 2003 曼殊院. MANSHUIN Japan. All rights reserved.