曼殊院門跡の歴史・概要 曼殊院門跡の境内案内 曼殊院門跡の庭園案内 曼殊院門跡の所蔵宝物 曼殊院門跡の行事案内 曼殊院門跡の交通案内
曼殊院門跡
ホーム>新着情報


 只今 国の国庫補助事業として重要文化財の書院のこけら葺屋根を一部葺替中です。ご迷惑をおかけします。
こけら葺とは薄く割った板を重ねて竹釘で留めた屋根のことですが、数奇屋風書院の「起り屋根」(下に反った屋根)に用いられられます。こけら葺の屋根にすることにより、たいへん優雅な雰囲気の建物となります。特に屋根の曲線部分は見事です。曼殊院の書院屋根は雁が二羽重なって飛んでいる姿を表しています。葺替工事は夏が終わる頃には完成予定です。


梅雨に入りました。梅雨は五月雨といい、「さ」は神様にささげる稲のこと。また神様のことをいいますが、「みだれ」は水垂れのことだそうです。また今青葉若葉が美しい季節ですが、青葉若葉とは濃淡さまざまの緑がまじったさまのことで、曼殊院の庭園は雨の日はひときわ青葉若葉・苔が生々と生気をみなぎらせ、私たち人間にも元気に生きる力を与えてくれているようです。

     万緑の中さやさやと楓あり  青噸



曼殊院にはお不動様が多くいらっしゃいます。お参りになりご縁を結んでください。


ホーム歴史・概要境内案内庭園案内所蔵宝物事々物々交通案内

Only Japanese version is avaiable.
Copyright ( c ) 2003 曼殊院. MANSHUIN Japan. All rights reserved.